話題のCTIシステムと導入効果について


話題のCTIシステムと導入効果について

 

コールセンターの様々な問題を解決するのが『CTIシステム』

日本では、多くの企業がコールセンターを持っています。

 

 

コールセンターで利用されているシステムのひとつが、CTIシステムです。

 

 

CTIシステムでは、パソコンと電話発信機能を連携させています。

 

 

コールセンターの様々な問題を解決するのが『CTIシステム』
コールセンターの様々な問題を解決するのが『CTIシステム』

 

 

電話で利用者と話しながら、画面上に顧客情報を素早く表示させることができます。

 

 

このシステムの導入効果により、企業が抱えている様々な課題を解決することができます。

 

 

 

『CTIシステム』の導入でオペレーターの業務を効率化しよう!

顧客からの様々な問い合わせに対応するコールセンター業務を行っている企業にとって、業務の効率化と改善は非常に重要です。

 

 

電話で顧客と直接話をする電話業務では、効率の良さとサービスの良さが顧客満足度に直接影響します。

 

 

コールセンターでは、オペレーターの人件費が大きな負担となっており、時間帯によっては電話が混み合って顧客を待たせてしまうケースも少なくありません。

 

 

 

『CTIシステム』の導入でオペレーターの業務を効率化しよう!
『CTIシステム』の導入でオペレーターの業務を効率化しよう!

 

 

 

オペレーターの人数が多い場合、業務の状況をしっかりと把握することができていないこともあります。

 

 

コールセンターにおける様々な問題を解決するのが、CTIシステムです。

 

 

このシステムを上手に活用することで、オペレーター業務を効率化できます。

 

 

 

 

『CTIシステム』の導入でオペレーターの稼働状況の把握しよう!

電話が着信したと同時に顧客情報を画面に表示することができるので、顧客に名前は電話番号などの基本情報を聞かずに済みます。

 

 

検索する必要もないため、問い合わせに対応する時間を短縮できます。

 

 

顧客と対応する時間が短くなることは、人件費の削減にもつながります。

 

 

同じフロアで複数のオペレーターが電話に対応している場合、忙しい人と忙しくない人がいると、不公平になります。

 

 

CTIシステムを導入すると、それぞれのオペレーターの稼働状況を判断できます。

 

 

『CTIシステム』の導入でオペレーターの稼働状況の把握しよう!
『CTIシステム』の導入でオペレーターの稼働状況の把握しよう!

 

 

稼働状況により、自動的に着信を配分できるので、業務を均等に割り振れます。

 

 

自動応答が可能なので、問い合わせ電話が混んでいる時は、自動音声応答によりクレームなどのトラブルを防ぐことができます。

 

 

 

 

コールセンターには、多くのクレームが届きます。

 

 

管理者が通話を同時に聞くことができるので、オペレーターが対応できないクレームの場合も、管理者が素早く対応することができます。

 

 

管理者は、オペレーターの仕事を把握している必要があります。

 

 

CTIシステムは、オペレーター業務を的確に評価できるので、とても便利なシステムです。

 

 

『CTIシステム』の導入でコスト削減や顧客満足度の向上も期待できる
『CTIシステム』の導入でコスト削減や顧客満足度の向上も期待できる

 

 

発信も行っている企業にとっては、電話のかけ間違いを防ぐこともできます。

 

 

多くのメリットがあるCTIシステムを利用することで、コスト削減に加えて、顧客満足度の向上も期待できます。

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事