自宅や事務所の固定電話に使える節約術


自宅や事務所の固定電話に使える節約術

 

スマートフォンの利用は増えているがまだまだ、必要な場面が多い固定電話

スマートフォンの普及も手伝い現代では一人一台携帯電話を所有しており、若い世代については固定電話を設置していない方も珍しくないですが、融資や契約時には信用性の向上に役立てられますし、子育て中の家庭ではお留守番をしているお子さんに対して連絡が取れるという点から、やはりまだ必要な場面は多いです。

 

 

ただし、明らかに携帯電話に比べると利用する機会が少ないですし、設置しているだけで基本使用料が生じてしまうので、勿体無い気持ちに苛まれてしまいます。

 

 

スマートフォンの利用は増えているがまだまだ、必要な場面が多い固定電話
スマートフォンの利用は増えているがまだまだ、必要な場面が多い固定電話

 

そうした使用機会が少ないのに、ランニングコストが発生し続ける点が設置率が右肩下がりになっている直接的な起因でもありますが、実は通話時の方法とオプションの有無により大幅に負担軽減に繋げられる節約術が存在します。

 

 

 

料金節約のために必要のないオプションは解約しましょう!

オプションと言えば、スマートフォンなどの契約時に数多くのプランを勧められる印象がありますが、実は固定電話にも同様の仕組みがあります。

 

 

中でもよく知られているのはキャッチホンと呼ばれている割込通話の機能ですが、1年間あたり3千円から4千円もの別途料金が発生しています。

 

 

また、携帯デバイスではすっかりお馴染みになっている相手先の電話番号を表示させる機能は、固定電話だと有料扱いとなってしまい、年間で5千円もの追加費用が生じてしまいます。

 

 

料金節約のために必要のないオプションは解約しましょう!
料金節約のために必要のないオプションは解約しましょう!

 

 

利用できなくても業務や生活で不便を覚えたり不安を感じないのなら、一括で解約してしまうのが最も効果的な節約術となります。

 

 

そして、インターネットがある今日では回線の種類も豊富になっていて、従来式の他に光回線を用いたものやIP電話があり、方式により請求料が違いますしプロバイダや各社によっても異なる上に、金額差はとても大きなものです。

 

 

市内、県内、国内、海外で通話料金が変わる

しかも、利用する機会が多い時間帯の選び方や在住している地域によっても差異がありますし市内をはじめ県内や国内、海外といった発信先でも細かな違いがあるので、最適な企業とプランが選定できれば著しい節約術が実行可能です。

 

 

さらに初めの一手間が若干手間に感じられてしまいますが、一度設定すれば圧倒的な節約術になるのは、ダイヤルするエリアに応じて電話会社をその都度変えるサービスです。

 

 

具体例としては市内や県内、国内や外国といった場所に応じて前もって振り分けを実行しておき、発信前に調べてから発信することで毎回最安な状況下で通話可能になります。

 

 

市内、県内、国内、海外で通話料金が変わる
市内、県内、国内、海外で通話料金が変わる

 

 

初期段階に登録を済ませたら以後毎度手間がかかるといった事はなく、安定的に最安値の状況でお話できます。

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事