既存のビジネスフォンも活用できるCTIシステム


既存のビジネスフォンも活用できるCTIシステム

 

ビジネスフォンからCTIシステムへ移行が進められている

日本の中小企業では、ビジネスフォンの導入が積極的に進められてきました。

 

 

主装置と複数の電話機で成り立つビジネスフォンを導入すれば、オフィス内で内線通話をしたり保留の転送をしたり、複数回線使用することができます。

 

 

それまでのシステムより便利に電話を使えるので、多くの中小企業に普及していきました。

 

 

ビジネスフォンからCTIシステムへ移行が進められている
ビジネスフォンからCTIシステムへ移行が進められている

 

 

しかし、これまでは便利だったビジネスフォンも、近年はCTIシステムへの移行が進められています。

 

 

CTIシステムを導入すれば、電話機とパソコンを連携させることが可能です。

 

 

 

 

CTIシステムの導入で業務効率化する事が可能

たとえば、お客様や取引先から電話がかかってきたときに、瞬時に相手の情報がパソコンのモニターに表示されます。

 

 

電話の応対をしながら、パソコンを操作して情報を呼び出す必要がなくなるので、スムーズにお客様や取引先への対応を行うことができるでしょう。

 

 

電話応対を効率化できるシステムとして今では一般的になり、顧客対応をするコールセンターなどでは導入が進められています。

 

 

一般の企業でもCTIシステムを導入すれば、業務を効率化することが可能です。

 

 

CTIシステムの導入で業務効率化する事が可能
CTIシステムの導入で業務効率化する事が可能

 

 

 

面倒な情報を呼び出す手間も省けるので、電話でのやりとりに齟齬を生じる可能性も減らせ、ビジネスには好影響をもたらしてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

CTIシステムにはメリットもあるが、デメリットもあります

しかし、すでにビジネスフォンを導入している場合、これまでのシステムを使えなくなるデメリットがあります。

 

 

また、導入コストも膨大になるので、財政的に厳しい中小企業には大きな負担となるでしょう。

 

 

そのため、CTIシステムのメリットは認めつつも、既存のシステムが使えなくなる、期コストが高すぎるといった問題で、導入を諦める中小企業も少なくはありません。

 

 

CTIシステムにはメリットもあるが、デメリットもあります
CTIシステムにはメリットもあるが、デメリットもあります

 

 

しかし、現在普及が進むCTIシステムの中には、オフィスに導入済みのビジネスフォンを活用できるタイプもあります。

 

 

 

 

中小企業でも負担の少ないCTIシステム導入の方法があります

既存のシステムを活用するタイプでも、コールセンターなどにある一般的なシステムと変わりありません。

 

 

電話を受けると目の前のモニターにはお客様や顧客の情報が表示され、スムーズに応対することができます。

 

 

通話の録音など一般的な機能も同じように使えるので、機能面で見劣りすることもありません。

 

 

サーバーさえ用意すれば、あとは普段から使用しているPCと電話機を使ってシステムを構築できます。

 

 

さらに最近増えているクラウド型なら、買い切りのパッケージ型より導入コストを抑えられるでしょう。

 

 

中小企業でも負担の少ないCTIシステム導入の方法があります
中小企業でも負担の少ないCTIシステム導入の方法があります

 

 

中小企業でも負担の少ない方法が登場しているので、業務の効率化のために導入を考えてみるべきです。

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事