市場シェアはCTIシステムを選ぶポイント


市場シェアはCTIシステムを選ぶポイント

 

CTIシステムを導入する企業は年々増加しています

コールセンターに欠かせないシステムとして、導入されているのがCTIシステムです。

 

システムを導入し電話とパソコンを連携させることで、電話をかけてきた相手の氏名や住所などの情報を瞬時にパソコンに表示させることができます。

 

通販サイトのコールセンターでは、電話をかけてきた相手の氏名や住所だけでなく、購入履歴などの情報を素早く入手することで、電話でのやりとりをスムーズにすることが可能です。

 

電話での応対がスムーズになれば、それだけで業務の効率化にもつながりますし、顧客に余計なストレスを与えません。

 

 

市場シェアはCTIシステムを選ぶポイント

 

 

もはやコールセンターにとって、CTIシステムはなくてはならない不可欠な存在です。

 

そのため、CTIシステム導入する企業は増え続け、現在でも増加しています。

 

しかし、コールセンターなどに導入する場合は、慎重に検討してから決めなければいけません。

 

一言でCTIシステムと言っても、インバウンドアウトバウンドなどの種類があり、目的に則したシステムでないと導入する意味がなくなります。

 

また、導入時には種類だけでなく、機能も見比べて必要なものが揃っているのか確認しなければいけません。

 

必要な機能が揃っていないと使いづらく、業務を効率化することができないので、想定する使い方ができるか見極めるのもポイントです。

 

 

 

 

トップシェアを誇る安心できるCTIシステムを選びましょう

ほかにも最近シェアが伸びているクラウド型か従来のパッケージ型など、同じシステムで大きな違いがあります。

 

もちろんシステムによって初期費用やランニングコストも変わってくるので、コールセンターなど様々な現場に導入するときには、複数のポイントを比較しながら決めるようにしましょう。

 

比較して検討するときには、市場でトップシェアを誇る製品から見ていくと効率的です。

 

 

トップシェアを誇る製品は、使いやすい機能を備えていたりコストを抑えることができたりと、多くの人が使うだけの理由があります。

また、トップシェアの製品ほどトラブルにも強く信頼性も高いので、安心して利用することができます。

 

 

どれを選べば良いのか迷ったときには、市場でのシェアに注目して選ぶのもアリでしょう。

 

 

市場シェアはCTIシステムを選ぶポイント

 

 

CTIシステムは、コールセンターに限らず様々な現場で導入され、ビジネスを効率化するシステムとして注目されています。

 

業務に非効率な部分があると、ビジネス全体にも悪影響を及ぼしかねません。

 

電話での応対などを効率的にしたいなら、社内にシステムを導入して無駄を省きましょう。

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

 

 

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事