導入が増えているCTIシステムのデメリットとは


導入が増えているCTIシステムのデメリットとは

 

 

お客様とのやり取りがスムーズになるポップアップ機能

大規模な企業やコールセンターでは少し前からCTIシステムが導入されていたのですが、最近では中小企業での導入も増えています。

 

 

中には個人経営者がCTIシステムを導入することもあるのですが、このCTIというのはComputer Telephony Integrationのことであり、簡単に言うならば情報システムの一種です。

 

 

具体的にはどのようなものかというと、電話やFAXをコンピューターと結び合わせて着信履歴やポップアップ、電話制御などの機能が利用できるようになります。

 

 

ポップアップ機能は電話をかけてきた顧客の管理を行うために顧客情報や商品情報、過去の取り引きなどの状況を把握する機能です。

 

 

 

導入が増えているCTIシステムのデメリットとは

 

 

ポップアップ機能があるとお客様とのやり取りがスムーズになりますので、長時間待たせてしまうこともなくなります。

 

 

電話対応の時間外になっても、その案内を行うことができますし、プッシュホンによる選択もできますので、現在では当たり前のように使われていて、私たちもCTIシステムに触れる機会が多くなりました。

 

 

様々な使われ方をしているシステムではありますが、導入時にはコストがかかるという点がデメリットとして挙げられます。

 

 

ですから、中小企業や個人経営者はシステム自体が魅力的だと感じていてもなかなか導入に踏み切れないこともあります。

 

 

 

 

 

本当な必要な機能なのかをしっかりと調査し整理しましょう

コールセンターでは電話による対応がメインでコンピューター操作も欠かせませんので、このシステムが非常に活きてきます。

 

 

ですから、コールセンターではまだ導入していないというところの方が珍しくなっています。

 

 

コールセンターではモニタリングの重要性が指摘されていますが、CTIシステムにはモニタリング機能もありますので業務に関する状況をしっかりと数字で把握することができて便利です。

 

 

導入が増えているCTIシステムのデメリットとは

 

 

また、豊富な機能がありますので、導入時にはあれもこれもと欲張って高額になりがちだという点もデメリットとして挙げられます。

 

 

せっかくシステムを導入するのですから最大限に活用したいと考えるのは当然ですが、使わない可能性のある機能まで盛り込んで保守費用や月額費用が高くなってしまっては意味がありません。

 

 

導入を考え始めたら、まずは必要な機能を整理し、様々なところを調査して比較することが大切です。

 

 

導入時にはトラブルが起こることもありますが、アフターフォローの体制が整っていないと大変ですので、アフターフォローがしっかりとしている業者を選ぶことも重要です。

 

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事