安いCTIシステムを導入する


安いCTIシステムを導入する

 

 

コールセンターでの電話による顧客サポートは欠かせません

大企業は、自社内にコールセンターを持っているケースが多いですが、最近は、中小企業でもCTIシステムを導入する会社が増えています。

 

CTIシステムとは情報システムのひとつで、電話とコンピューターを連携させたものです。

 

ポップアップ機能や通話録音機能、電話制御、着信履歴などの優れた機能を持っています。

 

 

安いCTIシステムを導入する

 

 

ポップアップ機能は、電話をかけてきた顧客の情報、商品やサービスの情報、過去の取引情報などを表示する機能です。

 

ポップアップ機能があると、必要な情報を探す手間が省けるため、顧客を待たせる時間を少なくできます。

 

通話録音機能や着信履歴によって、データの蓄積も可能となっており、顧客サポート力の改善に役立ちます。

 

電話制御機能は、ひとりのオペレーターに電話が集中しないように制御できます。

 

CTIシステムを活用しているのが、コールセンターです。

 

電話による顧客とのサポートが欠かせないコールセンターの多くが、CTIシステムを使っています。

 

 

 

コールセンターでは必須機能の”予測発信機能”と”録音機能”

コールセンターならではのシステムと言えば、予測発信機能録音機能です。

 

予測発信機能を使えば、電話のかけ間違いがなくなります。

 

録音機能を使えば、顧客とのトラブル防止に役立ちます。

 

コールセンターで働くオペレーターの業務状況を数字で管理できるモニタリング機能も、コールセンターではよく使われています。

 

現在のCTIシステムの主流は、クラウド型パッケージ型です。

 

特にクラウド型は安いので人気が高いです。

 

 

安いCTIシステムを導入する

 

 

クラウド型は、専用サーバーがない分、初期費用が安く済み、さらに、システムを導入する作業が簡単なのも魅力ですが、ただ、用途や機能は限られています。

 

一方、パッケージ型は、サービス内容が豊富で、多くの機能を要望する企業に適しています。

 

会社で開発した独自のCTIシステムを組み込むことも可能で、ビジネスに合った理想的なシステムを構築できます。

 

パッケージ型は、初期費用はクラウド型に比べて高額ですし、また、導入にも時間がかかります。

 

月額費用の発生はありませんが、システムを維持するための保守費用運営費用がかかることがあります。

 

現在、多くの会社がCTIシステムを販売しており、そのため、どの会社を選んだら良いか迷っている人も少なくありません。

 

新しいシステムを導入する場合は、トラブルが起こることも多いため、サポート力がありアフターフォローがしっかりとしている会社を選ぶことが大事です。

 

サポート体制が万全な会社は、トラブルが発生した時に迅速に対応してくれます。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

 

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事