個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ


個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ

 

 

システムが整っていればそれなりの成果が出る

 

 

テレアポは、電話で営業行為を行い契約をとる仕事です。

 

 

テレアポのコツは、インターネットや書籍で調べると様々なものが出てきますが、よく勉強した人ほど十分な成果を出しているのが特徴です。

 

 

個人個人の力量の違いや能力の違いによって契約できる可能性が変わってきますので、会社としても一人一人の管理をしっかり行い十分な対応をすることが重要になります。

 

 

個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ
その一方で、会社側としてもシステムを整えることが大事になるでしょう。

 

 

いくら個人の能力がしっかりしていても、会社側のシステムが不十分なものであれば個人の能力を発揮できない可能性が考えられます。

 

 

裏を返せば、会社側のシステムがしっかりしていればそれほど能力がない人でもそれなりの成果を出すことができることになります。

 

 

 

システム活用のメリット

現在、個人宅営業しているテレアポの業者は少なくありませんが、個人宅営業をするときの問題点を見てみると一つは紙媒体になっていることです。

 

 

紙媒体になっていると、一つ一つのデータを1カ所にまとめることができず情報を集めるのに時間がかかってしまうといった問題があります。

 

 

また、手書きのメモの場合にはどこかになくなってしまう恐れもあるでしょう。

 

 

これを防ぐためには、CTIシステム活用をする必要があります。

 

 

CTIシステムを利用することで、すべてデータとしてパソコンの中に入れておくことが可能になります。

 

 

個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ

 

 

しかも複数のパソコンと共有することができるため、特定の人が書いておいたメモでもほかの人がパソコンを開いたときにそれを閲覧することができる点は大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

情報を集約化しておけば、同じようなメモ書きを統合していくつかのポイントに分けて整理しておくことが可能になります。

 

 

一人一人が管理をしなくても、一括で管理者の方で管理をしてくれるため情報をなくしてしまう恐れもありません。

 

 

このようなメリットは、CTIシステム活用をしなければなかなか手に入れることができないものと言えるでしょう。

 

 

 

顧客情報の共有によるメリット

もう一つのテレアポの現場での問題点は、個人情報をどのように管理しているかです。

 

 

個人情報は漏れないようにすることは当り前ですが、個人宅営業する場合にはだれにいつ電話をしたかの情報が重要になります。

 

 

なぜなら、過去に電話をして断られた人に対して再び電話をしてもまた断られる可能性があるからです。

 

 

従来であれば、このような情報はスタッフ各個人で管理するものでした。

 

 

それぞれのスタッフが自分が電話をかけた相手のリストを持っているため、一度断られた人に再び電話をすることはなくなります。

 

 

確かにその点は優れていますが、ほかのスタッフと共有できない限りほかのスタッフが断られた個人宅に対してまた同じような電話をかけてしまう可能性も出てきます。

 

 

そうすると、電話をしてみても断られる可能性が高くなるため時間の無駄遣いになるだけでなく、モチベーションの低下も考えられます。

 

 

これを解決するためには、CTIシステムを導入し一人のスタッフが情報をそれぞれ持っているのではなく全員で共有する仕組みを作ることが重要になるでしょう。

 

 

個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ

 

 

一度契約の話しを持ち掛けたところ断られたお客さんのリストを全員が共有することができれば、そのお客さんを全員が避けることが可能になります。

 

 

逆に、今まで断られたことがないお客さんや、まだ電話をかけたことがない新規のお客さんを中心にアポイントをとることができ、非常に効率的です。

 

 

結果的に、コールセンターのスタッフ全員がストレスなく仕事をすることができるのがポイントです。

 

 

当然ながら、仕事量が減るだけでなく、契約をとることができる確率が上昇するため非常に重要な仕組みの構築といえます。

 

 

運営側へのメリット

CTIシステムを利用するメリットは、運営者側としてもいくつかあります。

 

 

まず一つは、だれがどれだけ電話をしているかを把握することができる点です。

 

 

スタッフの中には、電話をしているようで電話をしていない作業効率の悪い人が全体の中に何人かいるのが普通です。

 

 

一方で、熱心に頑張ってたくさんの契約をとろうとしている人がものです。

 

 

そこで、それぞれどれだけ1日に電話をしたかの数を把握することができれば、だれがどれだけ頑張っているのかが分かり、昇給するときに役に立つでしょう。

 

 

このようにスタッフを正当に評価することができれば、スタッフのモチベーションが上がり全体的に良い空気になっていくのは間違いありません。

 

 

個人宅営業をする場合にCTIシステム活用をしたテレアポのコツ

 

 

また、CTIシステムを活用すれば電話をかけた時にどのようなクレームがあったかなどの細かい情報を把握することができるのもメリットです。

 

 

クレームがあった場合でも、どのような内容のクレームがあったのか把握していなければ次回その内容を役立てることができません。

 

 

特に新しく入ってきたスタッフの中には、同じようなクレームを受ける人が出てくるはずです。

 

 

そこで、全体のクレームの数を把握しその内容をいくつかの項目に分けることで、クレームの数を減らし全体のモチベーションを維持させることも可能になるでしょう。

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事