テレマーケティングを行う上で大事なPDCAって?


テレマーケティングを行う上で大事なPDCAって?

 

テレマーケティングを効率良く行うためにPDCAサイクルというものがあります。

 

 

これは仕事を行う上で大切な四つの作業の英単語の頭文字を並べたものであり、ビジネスの場ではよく使われるものです。

 

 

PDCAサイクルとは?

 

PはPlanのことであり、計画を立てることです。
DはDoのことであり、立てた計画を実行することです。
CはCheckのことであり、実行した内容を評価することです。
AはActionのことであり、評価を次に活かすため改善することを意味します。

 

PDCAは、元々は工場製品の品質を管理し作業を円滑に進めるために提唱されたものです。

 

PDCAサイクルとは?
PDCAサイクルとは?

 

 

その内容は基本的かつ重要なことであり、製品管理の場面以外でも幅広く活かされています。

 

 

 

 

日本の企業でも取り入れられるようになり、製品の製造や管理の他にもサービス業や一般の小売でも馴染みのあるものです。

 

仕事を効率良く行うためだけのものではありません。

 

 

このPDCAは個人の評価を上げることにもつながります。

 

 

仕事ができる人は、この基本的なPDCAがきちんとできている人であることが多いです。

 

無計画に仕事をしても意味はありません。

 

 

計画を立てれば当然効率は上がり、生産性も増します。

 

そして、確かな計画があったとしてもそれを実行に移さなければ意味はありません。

 

 

計画があるのなら、自信を持って積極的に実行すべきです。

 

 

 

PDCAサイクルとは?
PDCAサイクルとは?

 

 

 

仕事が早く片付けば、無駄な残業の時間も減らすことができます。

 

 

システムの導入により、ミスが軽減

 

また、実行してもそれがミスに終わっては場合によってはやり直しが必要です。

 

 

実行した内容を評価することは、ただ単にミスを見つけることではなくミスをなくすことにもなります。

 

 

日本の数ある中葉企業では独自の評価システムが導入されていることが多いです。

 

最後に、改善すべき点があればそれを改善することが個人の評価を上げることにもなります。

 

 

ミスが起こるのには必ず原因があり、それを評価で把握した後で繰り返さないよう個人で改善をすることは重要です。

 

これらのことは基本的なことですが、仕事では重要なことなのです。

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

 

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事