テレワークのCTIシステム活用について


テレワークのCTIシステム活用について

 

テレワーク × テレワーク

 

テレワークという仕事は、情報通信機器を使い時間や場所を問わずに働くことができます。

 

しかし、場合によっては検索などに時間がかかってしまうことがあります。

 

そうならないように活用できるのがCTIコールセンターシステムです。

 

 

テレワーク × テレワーク
テレワーク × テレワーク

 

 

 

CTIコールセンターシステムとは、電話着信時に相手の電話番号から相手の情報をパソコン上に表示してくれます。

 

電話がかかってきてすぐにお客様に情報がわかるため膨大な顧客情報の中から急いで探す必要がありません。

 

通常は前もって着信者の電話番号と絡めたデータベースや顧客管理ソフトが必要です。

 

 

これを活用するメリットは通常の電話対応の流れでは

 

①着信

②電話越しに要件や名前をうかがう

③顧客管理ソフトで検索

④情報と照らし合わせながらの対応となっています。

 

この流れだと③の検索に時間がかかればかかるほどお客様を待たせることにつながります。

 

長時間待たせるよって顧客満足度に影響が出てしまう可能性もあります。

 

 

テレワーク × テレワーク
テレワーク × テレワーク

 

 

 

しかし、CTIコールセンターシステムだと自動で顧客情報を表示してくれるため名前を聞いたり会員番号を聞いたりする手間が省けます。

 

そして結果としてスムーズな対応が可能となり1件ごとの対応時間の短縮につながります。

 

他にも、電話の対応時間が減少するため人件費の削減が可能です。

 

その人件費が浮いた分で給料を増額したり、設備を整えたりと様々なことに手を伸ばすことができます。

 

また、全ての社員が対応可能なため担当者がいなくても電話での対応ができます。

 

 

テレワーク導入に向け、様々な企業がCTIコールセンターシステムの導入を検討

逆にデメリットは非常に便利ですが費用が非常にかかるものもあります。

 

一般的にコールセンターで導入が検討されていますが使われているパソコンや電話とつなぐとなると数が多ければ多いほど費用が掛かります。

 

大きな企業であれば導入も可能ですが子会社などになると難しくなります。

 

 

テレワーク導入に向け、様々な企業がCTIコールセンターシステムの導入を検討
テレワーク導入に向け、様々な企業がCTIコールセンターシステムの導入を検討

 

 

 

そんなCTIコールセンターシステムですが現在、様々な企業がオフィスにCTIコールセンターシステムの導入を進めています。

 

 

携帯からでも発信操作を行うことで会社の番号を使える為、自宅にいながらでも会社の電話として通話可能となっています。

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』の機能や使い道を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事