テレアポ会社の上手な経費削減3つの方法とは


テレアポ会社の上手な経費削減3つの方法とは

 

テレアポの業務を行うにあたり、主要コストとしては家賃、人件費、通信の三つが挙げられます。

 

この三つの経費を見直すことによって、大幅な経費削減が見込めるでしょう。

 

 

テレアポ会社の経費削減 その①家賃の経費削減

まずは家賃の経費削減を検討してみましょう。

 

賃貸物件の場合には、もしも2年以上契約をして利用し続けているのであれば、交渉の余地が見込める可能性があります。

 

一つの手段として賃料削減を事業として行っている専門業者に依頼をしてみるとよいでしょう。

 

この専門業者を利用するメリットとしては、専門家によって、賃貸契約している物件が、その地域の物件相場と比較して適正かどうかを調査することができます。

 

 

テレアポ会社の上手な経費削減3つの方法とは

 

 

そして、この調査をもとに管理会社やオーナーとの交渉を、専門業者が代わって行ってもらえます。

 

もしもこの交渉の結果、安くなった場合には、この安くなった分を半年から1年程度成果報酬として支払う必要があります。

 

しかし、反対に時間と労力をかけることで、自分で物件相場の調査を行って、直接交渉を行う方法も一つの手段といえるでしょう。

 

賃料の削減が可能となるのは、おおよそ月額20万円以上の家賃が目安だと言われています。

 

もしもこれに該当しているのであれば、近隣の物件相場を確認して、自分が支払っている家賃が適切なものかどうかを調べてみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

テレアポ会社の経費削減 その②人件費の経費削減

次に人件費の経費削減についてです。

 

 

テレアポの業務において、人件費が一番大きな負担でもあり、一番の経費削減につながるものと言えるでしょう。

 

 

 

テレアポ会社の上手な経費削減3つの方法とは

 

 

しかし、相手が人間であるからこそ、人件費の削減は一番難しいとも言えます。

 

大幅なコストカットをはかろうとすれば、全体の雰囲気が悪くなり、業績の悪化につながる可能性も考えられます。

 

 

そのため慎重に実施を行わなければなりません。

 

 

 

 

テレアポ会社の経費削減 その①通信費の経費削減

そして、この三つの中で一番シンプルであり、なおかつ何も変わることなく安くできるものが通信費です。

 

電話回線については専門的な部分が多くわかりにくいと思う人が多いかもしれませんが、場合によっては電話による通信費を、現在使っている費用の半額程度に安くすることも可能です。

 

その中でも課金形態を、一般の電話プランから変更するということが挙げられます。

 

 

テレアポ会社の上手な経費削減3つの方法とは

 

一般的に使われている電話プランとしては、全国一律3分で料金が決まっているものがほとんどです。

 

しかし、テレアポの場合には、3分も通話するケースは全体の1パーセントもありません。

 

3分未満の通話なのに3分の料金をほとんどのケースで支払っていることになります。

 

そのため本当に使った秒数だけの料金を支払うことによって、劇的に通話料金は安くなるといえるでしょう。

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事