テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較


テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

 

CTIシステムを入れるだけで業務的なコスト削減が可能です

 

テレアポ代行の業務を始めるためには、まず人を雇わなければなりませんが、一昔前のようにたくさんの人を雇えばよいわけではありません。

 

最近は人件費の負担により会社の資金を圧迫する可能性があるため、少ない人数を雇った方が効率的と言えます。

 

とはいえ、あまり人数が少ないと忙しい時に回線がパンクしてしまいお客さんをいつまでも持たせることになってしまうでしょう。

 

また、オペレーターの中に忙しい人と暇な人が出てきてしまい、できる人ほど多くの電話を受け持つため不平等になってしまう傾向があります。

 

結果的にできる人ほど先に辞めてしまい、いつまでたってもオペレーターの質が安定しません。

 

そこで、CTIシステム活用をすることで従来あった問題を解決できるようになります。

 

CTIシステム活用をすることで管理者が得られるメリットは、まずコスト削減をすることができる点です。

 

 

テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

 

料金比較をしたうえで業者を選ぶことも重要ですが、それ以前にCTIシステムを利用すればコスト自体が安くなるため、たくさんの人を雇ってテレアポ代行の業務をするよりも人件費がかからず会社に負担をかけずに済むでしょう。

 

 

 

 

CTIシステムの様々な機能をご紹介

CTIシステム機能① 顧客の情報を確認しながら対応が可能

 

このシステムを使うことにより、オペレーターの負担を軽減させることが可能になりますが、その理由はバランスよく電話をつなぐようにしているからです。

 

CTIシステムを用いる前であれば電話がつながっていない人のところに電話が鳴ってしまうため、同じ給料をもらっていながら仕事量が人によって異なってしまい不平等でしたが、管理者が操作をすることでだれに電話をつなぐかを決めることができます。

 

例えば、難しい質問をしてくる顧客がいる場合には、その顧客の情報が管理者のパソコンの画面に出てきます。

 

 

テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

 

この時に、初心者の従業員に電話を回してもうまく答えられない可能性があり、結果的にお客さんの満足度が低下してしまうため、ある程度経験が豊富な人につなげます。

 

それを自動的に行うこともできますが、管理者自らが手動で行うことも可能になります。
管理者としては、CTIシステム活用をするに当たり可能な限り料金が安いところを選ぶ必要がありますが、プランによって大きく変わってくるところです。

 

少なくとも、CTIシステムを導入しないよりは導入した方がはるかに経費を抑えることができるため、リスク回避をすることが可能でしょう。

 

 

 

CTIシステム機能② 着信の振分けや自動音声応答でオペレーターの負担を軽減

オペレーター側から見たメリットの一つは、着信の振り分けをしてくれることです。

 

結果的に特定のオペレーターに集中することがなくなり効率的に業務を進めることができるでしょう。

 

また、レベルにあったお客さんを回してくれるため対応する時も四苦八苦することがなくなります。

 

 

テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

 

自動音声応答してくれることは、CTIシステムの大きなメリットの一つと言えます。

 

自動音声応答してくれるおかげで、休日や深夜の時間帯に電話が鳴りっぱなしになる心配もなくなり、気持を落ちつけて対応することができるだけでなく、顧客側とのトラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

 

CTIシステム機能③ オペレーターのモニタリングをする事で平等な評価をし、適切なアドバイスが可能

オペレーター側の正当な評価につながることができるのもメリットです。

 

CTIシステムを利用することにより、どのオペレーターがどれだけ電話をしていたのか、あるいは発信の回数なども確認することができるため、正当に評価することができるでしょう。

 

 

テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

 

当然活躍した人に対しては、給料を増やすなどの対応しモチベーションを上げることも可能です。

 

逆に、業務怠慢なオペレーターは管理者からの指導がいきますので、オペレーターの間で不平等がささやかれることはなくなるでしょう。

 
それ以外にも、上司から適切なサポートが受けられるメリットがあります。

 

管理者自体がお客さんとオペレーターの通話を聞くことができ、何か難しい質問を受けた場合やクレームがあった場合はオペレーターのみで対応するのは難しい場合があり得ます。

 

このような場合にはCTIシステムを利用することで管理者がその対応しているオペレーターにアドバイスをすることが可能です。

 

アドバイスをする場合には、その会話をお客さんに聞かれないような仕組みにしてあるため、安心して仕事をすることができます。

 

 

 

CTIシステムの料金をしっかりと確認しましょう!

 

CTIシステムを導入する場合には、各社の料金比較をすることが大事ですが、それと同時にクラウド型を選ぶのかパッケージ型を選ぶのかを決めなければならないでしょう。

 

クラウドの型を選ぶ場合には、初期費用は少なくなりますが、毎月の支払い金額は大きくなる傾向があります。

 

 

テレアポ代行でCTIシステム活用における料金比較

 

どれだけの数のオペレーターがいるかによっても異なりますが、オペレーターの数が100人程度いる場合は毎月40万円ぐらいかかるところも少なくありません。

 

一方で、パッケージ型の場合は最初にCTIシステムを買い取ることになるため、初期費用で50万円から1000万円くらいかかることがあります。

 

ですが、毎月の使用料は5千円から20万円ぐらいになることが多くなります。

 

料金は人数によって変わってきますが、独自のシステムを作り上げたい場合にはパッケージ型を利用するのがよいでしょう。

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事