テレアポシステムCTIのプレディクティブ機能を使うメリット


テレアポシステムCTIのプレディクティブ機能を使うメリット

 

テレアポシステムCTIの導入で業務効率を向上させましょう

コールセンターにおける業務は大きく分けてアウトバウンド業務インバウンド業務があります。

 

 

このうち、アウトバウンド業務は顧客からの電話を受信して問い合わせや要望を受け付けるのではなく、コールセンターのオペレーターが顧客に対して発信し、商品の宣伝をはじめとするテレフォンマーケティングを行うものです。

 

 

テレアポシステムCTIの導入で業務効率を向上させましょう
テレアポシステムCTIの導入で業務効率を向上させましょう

 

 

この業務を行う際、オペレーターが手動で顧客の電話番号を入力して受信してもらえるの待ったうえでマーケティングをするという方法をとっていては業務に多大な時間がかかり、効率が良くありません。

 

 

そこで、テレアポシステムCTIを導入することで業務効率を向上させることが可能です。

 

 

プレディクティブ機能で飛躍的にコール数を上げよう!

テレアポシステムCTIにはプレディクティブ機能があります。

 

 

 

プレディクティブは、事前にデータベース化されている顧客の電話番号に自動的に発信を行い、応答があった、つまり顧客が電話に出た場合にのみオペレーターにつなぐ機能です。

 

 

 

自動発信はオートコールとは異なり複数の電話番号に対して同時に行えるため、たとえば5件の顧客に発信を行い、そのうち応答があった2件に対して2名のオペレーターに対応させるということができるようになります。

 

 

また、この際に応答がなかった3件については曜日や時間を改めて再び自動発信することができるためテレフォンマーケティングの効率化につながります。

 

 

プレディクティブ機能を用いることでオペレーターの待機時間が大幅に減少するという効果があります。

 

 

プレディクティブ機能で飛躍的にコール数を上げよう!
プレディクティブ機能で飛躍的にコール数を上げよう!

 

 

電話をかけて顧客が出てくれるまで待つという無駄な時間がなくなるだけでなく、応答率が非常に低い顧客に対してアプローチする際にオペレーターが関与する必要がなくなるといった実益が生まれるのです。

 

 

つまり、オペレーターの負担を軽減すると同時に人件費の節約にもつながります。

 

 

プレディクティブ機能にはコールセンター全体の士気を高める効果も!?

テレアポシステムCTIの導入には多くのメリットがありますが、プレディクティブ機能は特に有用です。

 

 

テレフォンマーケティングを効率化できることに加えて、コールセンターの士気を維持できるという効果もあるからです。

 

 

オペレーターは業務の一環としてテレフォンマーケティングを行いますが、顧客に電話をかけても応答がないと意欲が下がり、その雰囲気がコールセンター全体に蔓延してしまいます。

 

 

プレディクティブ機能にはコールセンター全体の士気を高める効果も!?
プレディクティブ機能にはコールセンター全体の士気を高める効果も!?

 

 

しかし、プレディクティブ機能を使えばオペレーターが電話をかけるのではなくテレアポシステムCTIが電話をかけ、オペレーターは応答があった顧客に対してのみ対応をすることになるため士気を高く保てるのです。

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事