テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する


テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

 

 

テレアポ

 

 

知名度の低い会社の営業の新規開拓には、テレアポを使うことがあります。

 

 

そうするなら営業に労力をかけられない場合は重宝します。

 

 

コールセンターに集まったオペレーターが電話をかけて売り込んでくれると、自分達で動かない分だけ楽にできます。

 

 

その場合は、どこに売り込むかで成功するかどうかが決まってきます。

 

 

テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

 

 

必要とされているところに電話が行けば、売り込みがうまくできます。

 

 

そうじゃない場合には、成功する確率は低くなってきます。

 

 

それなら仕事が決まるかどうかは電話次第です。

 

 

そうした欠点が以前はありました

 

 

顧客の新規開拓により営業の成績を上げたくても、電話の対応の仕方を変えられません。

 

 

仕事をうまくするためには、電話をかけるオペレーターの力量に依存しています。

 

 

それがうまくできなければ、売り込みが失敗します。

 

 

 

 顧客情報を画面でみれる

テレアポ業務は、以前に比べて進化しています。

 

 

一昔前はコールセンターに集められたオペレーターが電話帳を手に電話をかけるだけのイメージで、効率が悪く時間がかかっていました。

 

 

それが、現在では進化し、より顧客が満足する形へと変わっています。

 

 

IT化が進むことで、入って来る情報の共有化が行われています。

 

 

テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

 

 

CTI化により電話とコンピュータが統合されていくと、電話をかけながらオペレーターがコンピュータを操作することで、電話と同時に情報の入力を同時に行うようになっていきます。

 

 

それにより情報が記録されていきます。

 

 

また、コールセンターにCTIシステムが導入されると、顧客の個人情報が画面に見えるようになります

 

 

電話をかける際に顧客のことがわかってくると、以前と比べるとより多様な対応をすることができます。

 

 

電話をかける相手もCTIシステムが自動的に決めてくれます。

 

 

オペレーターはそれを決める必要がありません。

 

 

そのために、電話をかける時の迷いもなくなります。

 

 

画面に示す通りに動くだけでいいなら、迷わずにできます。

 

 

 

情報共有ができる

 

 

またオペレーターの記憶に頼らずに情報を共有化することができます。

 

 

CTIシステム化するならば、誰が電話を取っても同じように対応することができます。

 

 

顧客の過去の履歴もそこに記録されているために、継続してサービスをすることが可能になります。

 

 

全ての電話を録音して記録してあるので、顧客相手の行き違いも避けることができます。

 

 

これまでのように以前に何をしたかで迷うこともなくなります。調べる必要も無く画面に出ていると対応できます。

 

 

ちゃんとした記録があるなら、間違いが減ります。

 

 

テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

 

 

全ての情報を集めることで、問題が起きたときも対応ができます。

 

 

情報を集約すると、いざと言う時に備えます。

 

 

これがトラブル防止にも役立っています。

 

 

それで顧客相手に裁判になっても対応できます。

 

 

そのためにテレアポ業務の際のオペレーターの負担も減ってきます。

 

 

電話をかける人の力量に頼らなくなることで、営業をかける側も負担が減っています。

 

 

CTIシステムの導入により簡単に営業をかけられます。

 

 

 

導入負担も軽減

 

 

新規に導入する場合も、大きな負担がありません。

 

 

自社で作らずに既にあるコールセンターを用いることでその設備を用意せずにできます。

 

 

設備投資をしないで仕事をさせることができます。

 

 

そこでどんな情報を集めるかは、自由に決めることができます。

 

 

事前に相談してどのように対応するか決めるだけで、使用する情報を決めていけます。

 

 

そこは依頼主の判断で決められます。

 

 

そのために業種による視点の違いも意識せずに使うことができます。

 

 

テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

 

 

導入にはそれ以外のメリットもあります。

 

 

CTIシステム化と共に業務の標準化マニュアル化を進めていけば、社内の仕事の効率化にも繋がります。

 

 

それにより低コストの作業が広がっていくなら、より経営が効率化していきます。

 

 

 

導入することでこんな変化が

 

 

これまでとは違った形で仕事をすることにより、作業に時間がかからなくなり、より低コストの経営へと向かっていきます。
会社自体の効率が上がっていくならいいですね。

 

 

それにより空いた時間をより重要度の高い別の仕事に振り分けることができます。

 

 

それで業績が上がりそうです。

 

 

テレアポコールセンターはCTIシステムを使って営業の新規開拓に成功する

 

 

新規開拓の場合には、相手との接点がありませんが、事前に入手された情報があれば、既知の顧客のように対応することができます。

 

 

クラウド化された情報があれば、そうしたことに手間取らなくなります。

 

 

以前のように一つ一つの案件を個別の物のように捉えずに、統合された情報源として活用することができます

 

 

これまでのように情報は一部の部署だけの物じゃなく、全体を動かす物として活用することができます

 

 

情報不足を防ぐことができたら、新規開拓の仕事をするのが楽になります。

 

 

顧客情報の貼り付けが行われることで、営業の際に必要な情報が確保できます。

 

 

一昔前よりも問題を減らすことができます。オペレーターにしても、迷うことなく活動ができます。

 

 

顧客への対応を間違えることもなくなります。

 

 

そのために、従来型のコールセンターと比べてより効率化できます。

 

 

コミュニケーションの改善にも役立てる。

 

 

テレアポ業務は新しい時代を迎えています。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事