テレアポの費用削減に役立つ秒課金サービス


テレアポの費用削減に役立つ秒課金サービス

 

 

テレアポは通話時間が短い為無駄な料金が多い

顧客獲得などの営業活動を行うための方法として、テレアポがあります。

 

電話を使って相手と直接話をする昔からある仕事内容ですが、電話で営業するとなると通話料という費用がかかってきます。

 

 

通話料はかける時間が長くなるほど費用が膨らむのが普通ですが、テレアポの場合だと通話に対する一般的な課金方法では費用が無駄になるのが問題です。

 

 

しかし、秒課金サービスを利用することで、費用を効率よく抑えられるのがメリットです。

 

 

テレアポの費用削減に役立つ秒課金サービス

 

 

無駄になる理由は、通話時間が短いためです。

 

 

営業電話である場合が殆どで、相手が即座に断ればすぐに通話を終了します。

 

 

これは問い合わせなどの受け付けるコールセンターの場合でも同様で、データによると全体の60%が30秒の通話で終わってしまうほど短いという結果が出ています。

 

 

別のデータなら80%が1分以内の通話で終わるというものまであるくらいです。

 

 

 

 

3分課金から秒課金プランを変えるだけで大幅な通話料の削減が可能

通常の電話料金だと、3分ごとの課金になっています。

 

 

3分単位ですのでその時間ちょうどまで通話を行っていれば問題ないものの、たったの30秒以下で通話の多くが終わってしまうならあまりにも料金の無駄になります。

 

 

留守番電話なら3秒程度、営業を断られると10秒程度でも通話が終わってしまうことがよくあります。

 

 

そのたびに3分の通話料を支払っていれば費用の負担が大きくなります。

 

 

しかし、秒課金による電話サービスを提供する業者と契約を結べば、1秒単位の課金などを導入できますので、3分単位の価格の高い通話料を負担しなくても済みます。

 

 

無駄な部分が削ぎ落とされて、年間で見れば大幅な通話料金の節約に繋がるのがメリットです。

 

 

 

テレアポの費用削減に役立つ秒課金サービス

 

 

例えば5秒で終わってしまうテレアポなら、5秒間の通話料しか発生しません。

 

 

7秒で終わってしまったなら、7秒間の課金です。

 

 

とある秒課金サービスを提供している業者が公開するデータを参考にすると、太陽光発電システムのテレアポを行っている業者の場合、全体の50%が通話時間40秒で終わるような状態です。

 

 

これが1ヶ月間19万円以上の費用がかかっていたものの、秒課金サービスを導入した後には1ヶ月間の費用が15万円台にまで下がった実績が存在します。

 

 

月に4万円近い費用削減となっており、年間で見れば40万円以上の費用を抑えられる計算になります。

 

 

秒課金だと単価が高くなりそうですが、サービスを提供する業者は大手通信キャリアと大口の契約を結ぶことで大幅な割引料金でサービスを提供できる仕組みになっています。

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事