テレアポでかかる通話料の負担を節約するには秒課金がおすすめ


テレアポでかかる通話料の負担を節約するには秒課金がおすすめ

 

 

テレアポでの通話料は高く払い過ぎているかも!?

仕事で電話を利用する機会が多ければ、通話料の負担が問題になってきます。

 
安いものではないため、通話が長くなればなるほど費用負担が大きくなるのがデメリットです。

 
しかし、営業電話の場合、1件ごとに見るとさほど通話時間が長くありません。

 

 

あまり費用の負担が大きくならないイメージがありますが、実際には無駄に料金を負担しているケースが多々あります。

 

大手電話会社の通話料の設定が原因です。

 

しかしこれを秒課金に対応する業者との契約に切り替えることで、通話の料金負担を大幅に削減することが可能です。

 

大手電話会社の固定電話料金は、3分単位で固定されています。

 

1分通話しても2分通話しても、3分間の料金を請求される仕組みです。

 

3分近くまで通話していればお得になりますが、テレマーケティングやテレアポなどの営業目的で電話を利用する場合だと、1件ごとにかける通話時間の殆どが、1分以内に終了するような状況です。

 

50%以上が30秒で終了するというデータが営業電話をする業界ではあるくらいです。

 

 

 

テレアポでの通話料は高く払い過ぎているかも!?
テレアポでの通話料は高く払い過ぎているかも!?

 

 

 

相手が留守番電話を設定している、不在である場合などだと、30秒どころか10秒未満で通話が終わってしまう場合も新規開拓の営業電話テレアポだとよくあります。

 

そのたびに3分単位の料金を支払っていれば、費用負担が大きく膨れ上がるのは誰が見ても明らかです。

 

 

1秒課金はテレアポ業者にはオススメで安いプラン!

そこで、秒課金によって通話料を決めている業者の利用に切り替える選択をします。

 

この手の業者は1秒単位で契約を結んでくれるところばかりです。

 

3分単位の大手電話会社の場合だと1分通話すれば残りの2分間が無駄になりますが、秒課金のサービスを利用すれば残りの2分間に課金されません。

 

ただ、この手のサービスを利用する際に気になってくるのが、秒単位だと単価が高くなってしまう危険性についてです。

 

確かに短時間ならば単価が高くても安く抑えられますが、通話時間が長くなるとかえって費用負担が大幅に増える心配があります。

 

しかし、秒課金サービスを提供する業者は大手電話会社の大口割引制度を使って、驚くほど安く回線の使用権利を得ています

 

個別に契約するよりも通話料が安いため、秒単位の課金であってもリーズナブルな料金で済むメリットがあります。

 

 

1秒課金はテレアポ業者にはオススメで安いプラン!
1秒課金はテレアポ業者にはオススメで安いプラン!

 

 

 

大口契約を結べるのは、秒課金サービスの業者と契約している顧客全体という大きな規模で、大手電話会社と契約するためです。

 

個人単位、会社単位とは比べ物にならないほど規模が圧倒的に大きくなることから、実現できる方法です。

 

月単位で見ても、大幅な通話料の削減を狙えるほどお得です。

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

 

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』の機能や使い道を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事