セールスをアウトバウンドコールで行うにはCTIシステム活用が最適です


セールスをアウトバウンドコールで行うにはCTIシステム活用が最適です

 

 

CTIシステムを活用して可能になること

 

 

アウトバウンドコールを利用してセールスを行う場合にはCTIシステム活用が欠かせません。

 

 

CTIシステム活用するとお客様のリストを作成する事も可能になります。

 

 

また電話の内容も常時録音する事が出来るので、セールスによくある聞き間違いを防ぐ事も可能です。

 

 

録音データが残っている為、新人にも録音データを使った研修を行う事が可能になります。

 

 

他にもCTIシステム活用する事により、電話機で電話を掛ける必要はなくなるので、ケアレスミスによる発信間違いもなくなります。

 

 

セールスをアウトバウンドコールで行うにはCTIシステム活用が最適です

 

 

パソコンを使用するので、アウトバウンドコールセールスを行う際も時間を掛ける事無く、掛け続ける事が可能になり手作業で行う項目が減る為、効率が飛躍的に上がります。

 

 

他にもパソコン上にお客様から入電時に情報をポップアップさせる事も可能なので、お客様の特徴を入れておくと入電時に対応がしやすくなります。

 

 

特に過去の取引情報が直ぐにわかるようになっているとお客様が商品名を忘れてしまって、前に注文したものと同じ物が欲しいという要望にも答える事が出来るので、顧客満足度の向上にも繋がります。

 

 

更に営業時間外の場合は営業時間の案内やお休みの日の案内を音声メッセージで流す事が出来るので、営業時間内に再度掛けなおしをしてくれる確率が上がります。

 

 

 

新人研修で自信を付ける

 

 

アウトバウンドコールでセールスを行う場合は研修も必要です。

 

 

新人がお客様に対してアウトバウンドコールを行っても話が上手く進まずにセールスを行う事が出来ません。

 

 

セールスをアウトバウンドコールで行うにはCTIシステム活用が最適です

 

 

研修方法としてはCTIシステム活用してお客様とセールス側に分かれた練習を行う必要があります。

 

 

電話内容は後で録音を聞き直す事でどこが間違っていたのかを把握する事ができます。

 

 

お客様の立場で電話を受けるとお客様の心理や心情が良く理解できるので、練習を繰り返す事で成績もあがってくるはずです。

 

 

自信を持ってアウトバウンドコールを行う事が出来るので、仕事も楽しくなります。

 

 

 

CTIシステムで見込み客を確認しよう

 

 

アウトバウンドコールは契約が取れないと精神的に参ってしまう事が多く、契約が取れない状況が続くと更に元気がなくなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。

 

 

そんな時はCTIシステム活用して、以前対応したお客様の履歴を確認してみてください。

 

 

CTIシステムならお客様の情報をパソコン上でデータ管理を行う事が出来るので、対応した結果を入力して置く事が可能です。

 

 

セールスをアウトバウンドコールで行うにはCTIシステム活用が最適です

 

 

そのデータを見ながら成約する確率が高いお客様に連絡する事で、売り上げに繋がる可能性が出てくるので、常に新規のお客様を追いかけるのではなく、期間を空けて見込みのお客様にも連絡するようにしましょう。

 

 

見込みのお客様は検討している最中の方も居られるので、あまり時間が空いてしまうとチャンスを逃がす事にもなりかねません。

 

 

CTIシステム活用していると前回連絡した日付もわかるので自分の中で見込みのお客様には何日後に連絡するか決めておくと事にして下さい。

 

 

連絡が早すぎると検討中に何度も連絡をしてしまう事にもなりますので、空ける期間は適度な期間を自分で考える必要があります。

 

 

電話連絡するのに不安を感じる場合は、検討段階になった時にお客様に次はいつ頃連絡をすればよいのか自分から期限を約束しておくと連絡をしやすくなるので、見込みのお客様を作る場合には創意工夫を行う様にして下さい。

 

 

 

アプローチ方法を教える

 

 

また新人の頃はお客様に連絡を行って契約を取るだけの作業で終わりますが、ある程度の期間が過ぎると次の新人も入社してきます。

 

 

その新人の教育係を行う可能性もあるので、自分なりの新人教育を考えておく必要が出てきます。

 

 

自分が新人時代に苦労した点を改良できるマニュアル作りを行う事が出来れば、新人研修も簡単に行えるはずです。

 

 

研修時に一番苦労するのはアプローチ方法です。

 

 

電話で連絡し、どの様な方法で売り込みを行っていくのか、入ってきた新人にはわかりませんので、口頭で教えるのに限界が有ります。

 

 

自分が普段話している内容は自分だけのものなので、簡単に使う事が出来ますが、新人がその内容を丸暗記する事はできませんので、トークスクリプトを用意してあげると読むだけで内容がわかるので、理解しやすいはずです。

 

 

トークスクリプトと合わせてお客様から質問が出た際に返答が出来る質疑応答の資料集も用意してあげると更に理解が深まります。

 

 

セールスをアウトバウンドコールで行うにはCTIシステム活用が最適です

 

 

自分が初めて仕事をした時に困った事を良く思いだして、資料を作ってあげるようにして下さい。

 

 

その結果で成約率が変わってくるので、成約率が良ければ新人も仕事を続けてくれるはずです。

 

 

なかなか成約が取れないと仕事を辞めてしまう可能性も出てきますので、きちんと教えてあげる様にして下さい。

 

 

新人の頃はわからない事が当たり前なので、いつでも質問が出来る環境を整えてあげる事が大切です。

 

 

契約が取れる様になってくると仕事を面白いと感じてくれる様にもなり、成長することにも繋がります。

 

 

沢山の新人が成長すると会社としても売り上げが良くなるので、自然と自分の地位もあがります。

 

 

 

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事