コールセンターシステムCTIを無料で使う方法はあるのか


コールセンターシステムCTIを無料で使う方法はあるのか

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

経費削減と顧客満足度を高める

最近のコールセンターは、時間の短縮を図って顧客満足度を上げるようにしています。

 

コールセンターと言っても、業務委託と、自社で直接コールセンターを立ち上げているものの2種類があります。

 

 

小さな会社でコールセンターを立ち上げるのは難しく、この場合には業務委託型になるのが普通です。

 

ですが、ある程度大きな会社であれば、集約してコールセンターを作ることで合理的に経営をすることができるでしょう。

 

 

経費削減と顧客満足度を高める
経費削減と顧客満足度を高める

 

いずれの場合も、経費節減と同時に顧客満足度を高めることが重要な課題になります。

 

当然オペレーターの満足度も高める必要が出てくるでしょう。

 

 

経費節減のためにオペレーターを軽視する業者もありますが、その結果オペレーターは仕事をやめてしまい、人員の配置が間に合わず、顧客満足度を低下させることになりかねません。

 

 

 

オペレータのストレスを軽減させるコールセンターシステムCTI

顧客満足度だけでなく、従業員の満足度を高めるためにはしっかりとしたシステムを使うことが必要になります。

 

最近利用されているシステムの一つがコールセンターシステムCTIです。

 

このシステムの魅力は、時間短縮をすることができるだけでなくストレスなく仕事をすることが可能になる点です。

 

オペレータのストレスを軽減させるコールセンターシステムCTI
オペレータのストレスを軽減させるコールセンターシステムCTI

 

コールセンターシステムCTIには、電話の制御機能があります。

 

この機能は、一人のオペレーターに仕事が集中しないよう、すべてのオペレーターに仕事が行き渡るようにすることです。

 

これにより、オペレーターの間での不平等が減るだけでなく、顧客も電話がつながりやすくなるため、待ち時間をあまり必要としなくなるでしょう。

 

 

コールセンターシステムCTIは導入する種類によって安くできる

また、録音機能も付いており、問題が発生することを減らすことができます。

 

顧客の中には、暴言を吐くような人もいますが、録音内容を確認し、暴言のような問題が生じた場合には電話番号からブラックリストに登録することも可能です。

 

 

場合によっては警察に通報することもできるでしょう。

 

そもそもそれ以前に、録音することを伝えれば、暴言を吐く顧客も減少する傾向にあります。

 

 

 

このような仕組みは、企業にとってメリットが大きいですが、果たして無料で利用できるかが問題になります。

 

基本的にこのシステムを無料で利用することができず、最低でも1年間に10万円ぐらいはかかると思った方がよいでしょう。

 

 

コールセンターシステムCTIは導入する種類によって安くできる
コールセンターシステムCTIは導入する種類によって安くできる

 

 

大きなところになると毎月コールセンターシステムCTIだけで100万円かかることも少なくありません。

 

このように、無料で使うことは難しいですが、できるだけ安くすることは可能です。

 

 

クラウド型を利用することで毎月の費用がかかりますが、パッケージ型と比べると費用抑えることができる点に魅力があります。

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事