コールセンターの電話代を安くするには


コールセンターの電話代を安くするには

 

電話代の経費は非常に高い

コールセンターにも様々な形がありますが、大きく分けて2種類あるでしょう。

 

一つは、お客さんの方から電話をかけてきて、わからないことやトラブルが生じた場合に対応するタイプです。

 

もう一つは、コールセンターの方から電話をかけて営業をとってくるタイプになります。

 

前者の場合は電話代がほとんどかかりません。

 

自分たちでかけているわけではなく、お客さんの方から電話がかかってくるのを待つだけだからです。

 

これに対して、後者の場合は、電話代がかかります。

 

 

コールセンターの電話代を安くするには

 

 

相手がかかってくることは間違い電話ぐらいで、ほとんどコールセンターの方からお客さんに対して電話をかけます。

 

実際にどれぐらいの費用がかかっているかは、その会社によっても大きく異なるところですが、通常アポインターは、1日当たり400件ほどの電話をかけます。

 

20日出勤した場合、ひと月で8000件ぐらいの電話をかけるのが普通ですが、アポインターが10人いる場合には、月に8万件の電話をかけることになるでしょう。

 

一回当たりの電話料金はおよそ5円ほどですので、計算をすると月の電話代が40万円ほどになることがわかるでしょう。

 

このように、経費が非常に高いため、高い確率で契約をとってこなければ会社は赤字になってしまいます。

 

 

 

 

3分課金のメリットとデメリット

そこでコールセンターを持っている会社としては、電話代を安くする方法を考えなければなりません。

 

電話代を安くするためには、3分間単位の電話料金ではなく、もう少し細かい電話料金を設定しているところを選ぶべきです。

 

なぜ3分単位ではいけないのかといえば、コールセンターで3分以上話しをすることはなかなかないからです。

 

理想としては3分ジャストで話し終らせるのが一番メリットがあります。

 

 

コールセンターの電話代を安くするには

 

 

仮に2分30秒ぐらいだとしてもそれなりにメリットはあります。

 

ところが、営業電話を受けたことがある人ならわかりますが、特に興味がない話しならば速く通話を終わりにしたいと思うでしょう。

 

平均的に30秒ぐらいで電話が終わっていることが多くなっています。

 

例えば、保険の営業電話をかけても、500件1件ぐらいしか契約が取れませんので、499件は3分間も通話しません。

 

そこで、通話料金を安くするために、5秒単位や10秒単位で課金するところを選んだほうがよいでしょう。

 

結果的に、電話料金は20パーセントから40パーセントぐらいまで減らすことが可能になります。

 

仮に、40万円毎月かかっていたとすれば、8万円から16万円ぐらいは安くなる計算です。

 

このように使い方や運用方法によって3分課金がメリットにもデメリットにもなりますので、プランを気をつけなければ行けません。

 

 

 

 

CallTree

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

     ↓  ↓  ↓
>>導入前に無料お試しデモはこちら<<

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事