コストの安いIP電話を利用するならメリットとデメリットの理解を


コストの安いIP電話を利用するならメリットとデメリットの理解を

 

 

IP電話の導入

 

 

IP電話はコストが安いと聞いて導入をしてみようと考えている人もいることでしょうが、その前に仕組みやメリットとデメリットをよく理解しておくことが大切です。

 

 

理解しないままに導入をしても大きな問題になるというケースは少ないものの、企業や人によっては困ってしまうことになることもありますから、注意をしておきたいところです。

 

 

コストの安いIP電話を利用するならメリットとデメリットの理解を

 

 

IP電話というのは簡単に言えばインターネットを利用して通信をするものとなっているので、メリットもデメリットもインターネットに関する物が多くなっています。

 

 

 

IP電話のメリット

 

 

IP電話のメリットはいくつもありますが、その中でも大きいのは通話料が安いという点にあります。
通話料は一律料金であることが基本であり、日本全国どこにかけても料金が変わらないため遠方にかけることが多い人ほど料金面で有利になります。

 

 

コストの安いIP電話を利用するならメリットとデメリットの理解を
無料でかけられるケースもあり、IP電話同士でありプロバイダ間の提携があれば安いどころか通話料が発生しません。
相手も同じ環境であれば、それまで発生していた通話料が大幅に抑えられることになります。
固定電話よりも簡単に電話番号が手に入るので、費用をかけずに電話番号が欲しいというときにも役立ちます。

 

 

 

IP電話のデメリット

 

 

それではデメリットにはどのようなものがあるのかというと、停電時には使うことができないというものがあげられます。

 

 

コストの安いIP電話を利用するならメリットとデメリットの理解を

 
固定電話の場合には電話線から最低限の電力が供給されるので電話をかけることができますが、IP電話の場合にはインターネット接続ができなくなってしまうことから、利用できなくなってしまいます。
一部電話番号にかけることができないという欠点もあり、110や119のような緊急通報にかけることができない他、フリーダイヤルにかけることもできません。
電話番号が変わってしまうという欠点もあり、今まで使っていた電話番号をそのまま使いたいという時には不向きです。

 

 

 

まとめ

 

 

このようにメリットとデメリットがあるものとなっているため、安易に安いからと切り替えるのではなく自分の環境ではメリットのほうが大きいのか、デメリットによる影響は小さいのかということをよく考えて導入をすることが大切です。

 

 

コストの安いIP電話を利用するならメリットとデメリットの理解を
固定電話との併用をすることは可能なので、上手く活用をすれば費用の削減のつながるため一本で行かずとも併用をするということを検討してみると良いでしょう。

 

 

メリットとデメリットはありますが、有効活用することができればその利点というのはかなり大きなものとなっています。

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事