「秒課金制」導入で固定電話料金が安くなる


「秒課金制」導入で固定電話料金が安くなる

 

”信用能力の評価基準”で固定電話を引く

今や、ほとんどの人がスマートフォンもしくは携帯電話を所有している状況で、電話を掛ける場合はもっぱらモバイル端末を使用しているという人が大勢います。

 

 

むしろ、モバイル端末のみしか所有していない人の数が増えていて、固定電話の普及率は若干ながら減少傾向にあります。

 

 

 

「秒課金制」導入で固定電話料金が安くなる

 

 

しかし、今に日本国内における「信用能力の評価基準」で言えば、携帯電話やスマートフォンだけしか所有していない人と比べて自宅に固定電話回線を引いている人の方が高くなります。

 

 

信用取引を行う際、審査において少しでも高い評価を得ようと考えるのであれば、一切使用していない状態になったとしても固定回線を契約して電話を設置することが効果的です。

 

 

 

 

無料通話アプリだけで済ませられるわけではない!

モバイル端末を利用している人からすれば、「通話料課金」ということ自体にナンセンスさを感じることも増えてきています。

 

 

本来、通話を利用するためには料金が発生する仕組みが当然なのですが、今は「無料通話アプリ」を利用してコミュニケーションをとる状況が非常に多くなっています。

 

 

個人同士でとる連絡に使用することはもちろんですが、その特徴からビジネスシーンにおいても無料通話アプリを利用する頻度が増えてきています。

 

 

 

「秒課金制」導入で固定電話料金が安くなる

 

 

 

つまり、「通話は無料で利用するもの」という認識が非常に広まっていて、通話に高額な費用を掛けることは無駄だと感じる人が大勢いるわけです。

 

 

しかし、状況次第では固定電話を使用せざるを得ない状況もあり、完全にモバイル端末や無料通話アプリだけで済ませられるわけではありません。

 

 

 

 

”秒課金制”を導入し料金削減をしましょう

モバイル端末を利用した通話の場合、4秒6秒ごとに料金が発生する契約内容が一般的です。

 

 

プランによっては、通話ごとに数分程度は無料で利用できる場合もありますが、固定電話の場合は一律で1~3分ごとに10円の料金が発生するといった内容で契約することになります。

 

 

この契約は、長電話をする場合にモバイル端末を利用する場合よりも大幅に通話料を節約することができますが、逆に短時間の電話では不要な料金が発生してしまう原因にもなり得ます。

 

 

「秒課金制」導入で固定電話料金が安くなる

 

 

 

たとえば、1分毎10円の通話料金が発生する契約の場合、10秒しか通話していない場合でも10円の料金が発生してしまうため、具体的には50秒分の料金を無駄に支払っていることになります。

 

 

ところが、「秒課金制」の契約にすることで50秒分の料金を節約することができるようになるため、余計なコストを抑えながらお得な料金の固定電話を利用できるようになります。

 

 

logo3_01

CTIコールセンターシステム『CallTree』
現在、14日間のトライアル期間を実施中!
今すぐ無料お試し!効果を実感下さい!
主な機能や使い方をサポートさせて頂きます。
業界最安値!秒課金で通信費削減!売上・効率向上!
アイミツ歓迎!価格、料金もご相談・ご比較下さい!

 

logo3_02

コールセンターに特化した秒課金IP回線『Call-Line』
営業でかかる通信料を大幅削減!
コールセンター専用回線だから・・・
分課金→秒課金に特別契約が可能!
工事不要!違約金不要!長期契約縛りも無し!
オフィスがなくても03・0120が持てます!

 

コールセンターやテレマーケティングのアウトバウンド、インバウンド業務で使う『CTIコールセンターシステム』を比較する際に、参考にして頂きたい情報を配信していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事